特許・実用新案・意匠・商標の手続代行、相談、及び申請依頼を受付けています。

釣具と特許

shutterstock_83861821

釣り具の特許出願

ルアーに関する特許出願

rua-1
【出願番号】特願2003-328389
【出願人】 株式会社フジクラ
【出典】特許電子図書館

このルアーは、内部に振動を発生させる振動発生装置11と電池13を備えています。このルアー1は、フローティングであるため、電気の力で水面に波動を生じさせて魚を寄せ付けます。トップのプラグによく見られる水の抵抗を受ける部分は、このルアーにはありません。また、ペンシルベイトのように細長くもありません。バイブレーションのような形状をしています。

電動で振動を発生させるという観点が新しいのかもしれません。ホッパーやノイジー等のトップウォーターのルアーでは、ルアーを引くことで水の抵抗を受けて水を波立たせますが、この特許のルアーの場合には、細かい振動を発生させることが出来るかもしれません。

rua-2
【出願番号】特願2006-197827
【出願人】 株式会社ラッキークラフト
【出典】特許電子図書館

こちらのルアーは、魚の尻尾の部分にホタルイカの模様を付したルアーです。ホタルイカのシーズンである4~5月に主に利用します。ホタルイカに似せるために、目玉模様9や足模様15が施されています。

イカだけのルアーや魚だけのルアーというのはよくありますが、イカと魚とを合体させたルアーという発想が新しいのでしょう。発明が生まれるプロセスはさまざまですが、2つの別々のものを組み合わせた結果、新たな発明になるということもあります。

仕掛けの特許出願

rua-3
【出願番号】特願平9-213967
【出願人】 小林 卓
【出典】特許電子図書館

この仕掛けは、ハリス3をねじってバネ状に曲げ、弾性をもたせてやることで魚のハリ外れを防ぐ発明です。ハリスをバネ状に曲げるだけなので簡単にできます。いわゆるクッションゴムの作用をハリスで行ってやろうということです。

この発明は、もともとあるハリスの形状を変形させてやることで魚がエサを食べた瞬間にハリスや道糸にかかる衝撃を吸収するという新たな効果が生まれます。柔軟性という点ではクッションゴムの方が上でしょうが、アタリを敏感に察知するためには道糸をねじったくらいのクッションでもよいかもしれません。

ご案内

釣り具に関する新たな発明をお考えになった方は、当事務所までお気軽にご連絡ください。相談は無料で受け付けております。一口に釣り具といっても、ルアーや仕掛け、竿、リールなど様々な種類があります。私自身、釣りが趣味であるため、いちユーザーとして、また弁理士の立場に立って様々なアドバイスができるかと思います。

皆様の素晴らしいアイデアが容易に真似されることを防ぎ、権利として登録されて保護されることへのお手伝いができればと思っています。当事務所は東京都ですが、遠方の方であっても遠慮なくお問い合わせください。遠方の方は、スカイプでの打ち合わせも可能です。

メールでのお問い合わせはこちら TEL 03-6794-5746 受付:9:00~18:00(時間外も対応可)

Language


トップページ
トップページenglish
お問い合わせ

弁理士紹介

事務所案内



住所

〒174-0074
東京都板橋区東新町1-50-1
TEL:03-6794-5746
東武東上線ときわ台 徒歩10分
詳しくは、こちら

診断ツール
商標登録サポートセンター
特許商標の相談について
特許商標の相談について

対応エリア

<主要対応エリア>
板橋区・豊島区・北区・練馬区等の23区及び東京都下
埼玉県南部、千葉県湾岸部、神奈川県西部、他東京都近郊
<対応可能エリア>
日本全国対応
スカイプでの打ち合わせ可。
お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © Ushida Patent and Trademark Firm All Rights Reserved.