censorship-610101_1280

その名称が使えなくなるリスク

商品やお店の看板には、必ず名称が付いています。もし、あなたの使用している名称が登録されている商標と同じ又は近似していて同じ商売をしている場合には、その名称が今後使えなくなるとともに、損害賠償を請求される可能性があります。

あなたの使用している名称がそれなりに有名(周知)である場合には、今後継続的に使用できるかもしれません(先使用権)。しかし、中小企業の商品や企業名にはその先使用権が認められないことが多いようです。

他人に名称を真似されるリスク

あなたの商品がその業界で名が知れ渡ると、似たような名前を使用して売り上げをあげようとする業者が出てくるかもしれません。実生活においても、買い物の際に商品を購入し家に帰ってから確認してみると、本当に欲しい商品とは異なるが見た目はにているという経験はあると思います。

このような業者に自己の名称をただ乗りさせる行為に対して、即座に使用中止を求めることが難しくなります。ただし、その名称が有名である場合には、不正競争防止法により一定の保護を得ることができます。

商標登録

商標登録はするべき?

商標登録とは、名称にかける保険のような意味合いが強いです。開発した商品名称の変更を回避するために取得するということです。

商標登録することにより、似たような名称が無いとのお墨付きを国から与えられたということになります。さらに、似たような名称を他人が登録することができなくなるため、紛らわしい名称が混在することがなくなります。

商標登録をする時期

商標登録は、例えば会社を設立する際であれば、名称の決定と同時に行うことが理想的です。自分が考えた会社名が同業者にすでに登録されている場合には、別の方法を模索しなければならず、最悪の場合には名称を変更しなければなりません。

もし、そのまま会社名を使いつづけると、上記のようなリスクにさらされながらの経営となってしまいます。長らく使用してきて有名になってから商標登録との考えもあると思いますが、そのタイミングでは遅いと考えられます。