特許庁の料金改定について

2022/4/1より、特許庁の印紙代が値上げとなります。既に、納付期限が近いお客様にはご案内しておりますが、納付をご希望の場合にはお早目にお知らせ頂きますようお願い申し上げます。

特許の維持年金は\2,000~\5,000程度、商標の登録料は10年一括納付で\5,000程度の値上げとなります。国際出願についても、調査手数料+送付手数料が倍の\160,000となります。以下、値上げの詳細です。

4月1日以降が料金納付期限の場合であっても、3月中に支払うことで低廉な費用となります。

【特許】

項目 改定前金額 改定後金額
特許料(第1年から第3年まで) 毎年 2,100円+(請求項の数×200円) 毎年 4,300円+(請求項の数×300円)
(第4年から第6年まで) 毎年 6,400円+(請求項の数×500円) 毎年 10,300円+(請求項の数×800円)
(第7年から第9年まで) 毎年 19,300円+(請求項の数×1,500円) 毎年 24,800円+(請求項の数×1,900円)
(第10年から第25年まで) 毎年 55,400円+(請求項の数×4,300円) 毎年 59,400円+(請求項の数×4,600円)

 

【商標】

項目 改定前金額 改定後金額
商標登録料 区分数×28,200円 区分数×32,900円
分納額(前期・後期支払分) 区分数×16,400円 区分数×17,200円
更新登録申請 区分数×38,800円 区分数×43,600円
分納額(前期・後期支払分) 区分数×22,600円 区分数×22,800円
防護標章登録料 区分数×28,200円 区分数×32,900円
防護標章更新登録料 区分数×33,400円 区分数×37,500円