鞄の特許出願

取手に関する特許

kaban【出願番号】特願2007-117754
【出願人】 学校法人金沢工業大学
【出典】特許電子図書館

この鞄の出願は、取手の部分の向きがポイントです。通常の鞄だと、取手の向きはチャック15と平行ですがこの発明では把手14の向きがチャック15に直交しています。この向きで鞄を持つことで、手にかかる負担を軽減して手の腱鞘炎を予防します。チャック15を開けるためには、把手14が邪魔になりますがこの発明では簡単に把手14を外せるようになっています。

確かに、鞄の把手の向きを変えるという発想が新しいです。不思議と、ボストンバック、ビジネスバック、ドラムバックなど多くの種類の鞄がありますが、すべて把手はチャックと平行になるように取り付けられています。

折り畳み鞄

kaban2
kaban3【出願番号】特願2003-280416
【出願人】 株式会社イケテイ
【出典】特許電子図書館

こちらの鞄は、マチの部分で折り畳むことができる鞄です。上側のチャックの部分では、チャックが内側になるように折り畳まれるため、シワが外側に見えません。つまり、この発明では上側の折り畳みの谷の底の部分がチャックになっているためシワになりません。つまり、マチを開いた状態でもシワが目立ちにくい構造になっています。下側のマチも折り畳むと非常にコンパクトになります。

折り畳める鞄というのは多くありますが、ファッション性を高めるためにシワを目立たなくするという発想からこの発明が生まれたのかもしれません。発明が生まれるプロセスはさまざまですが、ある課題があってそれを解決するために考えた結果、新たな発明になるということが多いです。

ティッシュ専用鞄

kaban4【出願番号】特願2002-225845
【出願人】 株式会社リッチェル
【出典】特許電子図書館

この鞄は、いわゆるティッシュケースを運ぶ専用です。ティッシュケースを箱ごと運ぶことができるため、ポケットティッシュだと足りないという場合には心強いかもしれません。特に、花粉症のひどい人などはいくら鼻をかんでもこのかばんさえ持っていれば大丈夫です。

また、犬の散歩のときに糞の後始末をする際にも使えます。また、糞をしまう袋を収容するためのポケットもあるようです。ティッシュケースには蓋が付いているため、雨にぬれても大丈夫です。ティッシュに水は大敵ですからね。この発明は、収納するものを限定することで従来にはない鞄を発明しています。

ご案内

鞄に関する新たな発明をお考えになった方は、当事務所までお気軽にご連絡ください。一口に鞄といっても、ランドセルからスーツケース、トランクケースなど様々な種類があります。また、収容するものを限定する発明、取手やポケット、折り畳み方法に関する発明などいろいろなものが考えられます。

皆様の素晴らしいアイデアが容易に真似されることを防ぎ、権利として登録されて保護されることへのお手伝いができればと思っています。当事務所は東京都ですが、遠方の方であっても遠慮なくお問い合わせください。スカイプでの打ち合わせも可能です。

お気軽にお問い合わせください。03-6794-5746 電話受付:平日9:00~18:00(電話相談無料)

メールでのお問い合わせはこちら