shutterstock_128854357

【質問】
音楽関連の特許を取得したいのですが?

 

・特許になるの?

音楽関連というと非常に幅広いですが、楽器やソフトウェアを利用した音楽演奏等であれば、特許として出願することができます。しかし、楽器を演奏する方法そのものについては、特許を取得することは困難です。これは、楽器の演奏方法そのものは、発明に該当しない可能性があるためです。

発明とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」と定義されます。例えば、演奏方法には個人の技能によるところがあるため、これについては自然法則を利用しているとはいえないと思われます。

自然法則を利用していない例としては、以下があります。

  1.  自然法則以外の法則(例:経済法則)
  2. 人為的な取決め(例:ゲームのルールそれ自体)
  3. 数学上の公式
  4. 人間の精神活動
  5. 上記1から4までのみを利用しているもの(例:ビジネスを行う方法それ自体)

 ・楽器や音楽ソフトウェアの特許の取得

音楽を演奏する装置・器具や音楽関連のソフトウェアであれば、多くの特許が存在します。演奏方法についても、演奏装置及びその演奏装置を用いた演奏方法という形態であれば特許の取得が可能です。

音楽そのものについては、著作権によって保護されます。

お気軽にお問い合わせください。03-6794-5746 電話受付:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら