shutterstock_157219784-2

東京都の中小企業のためのワンストップサービス

知財総合支援窓口

知財総合支援窓口は、工業所有権情報研修館が運営するサイトです。全国共通のナビダイヤルでお近くの窓口に自動的に繋がります。受付時間は、平日の8:30~17:30です。アイデア・ロゴマーク・デザイン・ノウハウ保護等、総合的な相談窓口になっています。

直接の窓口は、全国に点在する発明協会が行っています。詳しい場所は、こちらをご確認ください。産業財産権相談サイトは、知的財産関連のよくある質問が列記されています。相談前にのぞいてみると良いかもしれません。

【リンク】知財総合支援窓口
     産業財産権相談サイト

ワンストップサービスの提供

知財総合支援窓口では、ワンストップサービスを提供しています。特許に関する相談は、弁理士・弁護士・産業局など多岐にわたりますが、それぞれの窓口をたらい回しにされることなく、1つの窓口ですべての相談を受け付けるサービスです。

今までは、特許の出願については特許庁に手続を行い、特許の活用や出願については弁理士に相談し、警告や裁判については弁護士に相談するというすべて別々の窓口でしたが、これをまとめたのが知財総合支援窓口です。

【リンク】知財総合支援窓口
     発明協会ワンストップサービスの説明

東京都内の発明・マーク・デザイン・ロゴの相談窓口

知財総合支援窓口以外にも、東京都には様々な発明・アイデア・マーク・デザインに関する相談窓口があります。

日本弁理士会

弁理士会館の1階で平日の10~12時、2~4時まで弁理士が無料で相談に乗ります。事前予約制になっているので、電話にて予約してください。毎週木曜日は、著作権の相談も受け付けています。場所は、千代田区霞が関(詳しい住所はこちら)です。

日本弁理士会関東支部が開催するセミナーでも、無料相談会をやっています。セミナーと併せて行くのもいいと思います。

【リンク】日本弁理士会関東支部
     日本弁理士会関東支部セミナー

東京知的財産総合センター

知財の専門家が特許・商標等の悩みに対して、アドバイスをします。先行技術調査に対する相談も受け付けています。事前予約が必要で、午後は曜日ごとに弁理士が特許の相談に、弁護士が訴訟の相談に乗ります。

場所は、秋葉原・葛飾区青戸・大田区南蒲田・多摩の4か所です。くわしい場所はこちらをご確認ください。料金は無料ですが、時間は1時間までになっています。

【リンク】東京都知的財産総合センター

知財活用支援センター

特許・商標・意匠だけでなく、営業秘密に関する相談についても受け付けています。場所は、特許庁2階(地図はこちら)の相談窓口です。

【リンク】知財活用支援センター

東京都立産業技術研究センター

毎週火曜日に知的財産相談窓口を開設しているようです。こちらも事前予約が必要です。場所は、江東区青梅です。地図はこちらでご確認ください。

【リンク】東京都立産業技術研究センター

補助金制度

審査請求料・特許料の減免

中小企業や個人発明家は、特許出願の場合、特許庁に支払う料金の一部が1/3に減免されます。一般的な金額から算出すると、通常は41万円かかる費用が14万円まで減額されます。国際出願を行う場合も、同様に27万円かかる費用が9万円まで減額されます。

減額されるためには、個人事業主や小規模法人の要件を満たす必要があります。

【リンク】特許庁 減免制度

外国出願の補助金

日本貿易振興機構(ジェトロ)では、中小企業を対象に外国出願の助成金制度を設けています。かかった費用の1/2で上限300万円まで補助を受けることができます。対象となるのは、外国への特許・商標・意匠・実用新案出願です。ただし、応募期間がとても短いので注意が必要です。

上記の支援事業は、東京都知的財産総合センターでも受け付けています。

【リンク】ジェトロ 助成金
     東京都知的財産総合センター 外国出願支援事業

各自治体の助成金

東京都では、それぞれの自治体で独自の知的財産補助金制度を設けています。どの自治体もおおよそかかった費用の1/2で上限10~20万円となっています。以下のURLから自分の自治体に助成金制度があるかを確認できます。

【リンク】日本弁理士会 助成金一覧