板橋区の産学連携助成金

産学連携によるメリット

大学・高専・国立研究機関との産学連携により、専門性の高い大学・高専の先生や研究者の協力を得ることができるとともに、大学等と企業とが共同して申請することができる公的な資金提供制度を利用することができます。

自社開発の場合には、人的資源や評価設備等の不足により開発が進まないということもありますが、このような時に専門家の知見を借りることにより技術的ブレークスルーを果たすことができるかもしれません。

大学等の研究成果の発表の場として、科学技術振興機構(JST)が主催する新技術説明会があります。新技術説明会では、定期的に全国の大学・高専や国立研究機関が自らの研究成果の発表し、企業とのマッチングを行う場となっています。

また、東京ビックサイトや幕張メッセ等で開催される展示会にも大学・高専・国立研究機関などが出展しているケースも多いため、そのような場を利用して公的な研究機関と繋がってみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】新技術説明会(科学技術振興機構)

板橋区の助成金

板橋区では、区内の中小企業または個人事業主向けに産学連携の助成金制度を設けています。助成対象となる区内の企業は以下の通りです。

  • 板橋区内の中小企業及び個人事業主
  • 2/3が板橋区内の中小企業又は個人事業主

助成金額も2/3で300万円と大きくなっておりますので、ご興味のある方は申請してみてはいかがでしょうか。ただし、採択件数は年間3件の予定となっております。

【関連リンク】産学連携助成金(板橋区)

まとめ

産学連携の際には、必要に応じて、秘密保持契約(NDA)、 研究成果有体物移転契約(MTA)、共同研究契約、受託研究契約など様々な契約締結を行います。また、共同で特許出願を行う場合には共同出願契約を締結するとともに、実施に際しては実施許諾契約が必要な場合もあります。

弊所では、契約書のリーガルチェックや知的財産権の項目に関する助言を行っておりますので、産学連携に関してご不明な点等ございましたら、こちらからお問い合わせください。お電話でのご連絡は、03-6794-5746(無料相談)となります。時間外等で出られないときには、折り返しご連絡致します。