日本ベンチャー大賞について

 

日本ベンチャー大賞

2019年2月4日から2019年2月28日までが、日本ベンチャー大賞の募集期間となります。昨年の受賞者のラインナップは、以下の通りです。

 受賞 会社名
 日本ベンチャー大賞(内閣総理大臣賞) 株式会社メルカリ
 ベンチャー企業・大企業等連携賞  株式会社ソラコム
KDDI株式会社
 女性起業家賞  株式会社ビザスク
 農業ベンチャー賞  株式会社ルートレック・ネットワークス
 審査委員会特別賞 株式会社マネーフォワード
審査委員会特別賞 株式会社PKSHA Technology

 

日本ベンチャー大賞とは、社会的にインパクトのあるベンチャー企業を国が表彰する制度で、農林水産省や経済産業省が管轄しており、みずほ情報総研が応募のとりまとめを行っています。

以下、経済産業省のホームページからの引用です。

次世代のロールモデルとなるような、社会的インパクトのある事業を創出した起業家やベンチャー企業等を表彰する制度です。積極的に挑戦することの重要性や起業家の社会的な評価を向上させ、社会全体の起業に対する意識の高揚を図ります。経済産業省、農林水産省、オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会が募集し、有識者等から成る審査委員が受賞者を決定します。自薦・他薦ともにございますので、是非ご応募ください。

応募条件は、株式会社等に限らず、NPO法人や組合であっても受賞の選考対象となるようです。費用についても、一切かからないようなので、ご興味のあるかたはご応募してみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】日本ベンチャー大賞(経済産業省)
応募要項(経済産業省)