特許の売り方

特許は売れるのか

特許権は、財産権なので自由に譲渡することができます。もちろん、譲渡対価や条件などについて双方の合意が得られればとなります。

特許になる前の状態、これを特許を受ける権利と言いますが、これも財産権なので自由に譲渡できます。特許出願後であって特許の登録前、あるいはそもそも特許の出願をしていない状態であっても譲渡可能です。

特許出願前の譲渡

特許出願前の譲渡とは、例えば、企業と大学が共同で行った発明を企業が単独名義で出願したい場合に出願前譲渡となります。

共同研究契約等によって特許の取扱が明文化されていれば問題ありませんが、単独で完成させた発明を第三者に出願前に譲渡する場合には、注意が必要です。特許の情報を開示する際には、秘密保持契約を交わす必要があります。

特許出願後の譲渡

特許出願後であれば、第三者に特許を譲渡する際に特許庁で出願人名義変更の手続を行います。これにより、出願人の名義が譲受人に変更されます。

なお、特許を売る場合には、必ず費用や条件が示された譲渡契約書を締結します。

特許の売り方

特許権や特許を受ける権利を購入したいという相手がいる場合には、譲渡条件の合意ができれば手続が進みます。しかし、相手から探さなければいけない場合には、かなり苦労することが予想されます。

その特許を費用を出して購入するからには、購入する企業側は製品化を行って利益を上げることを目的としています。その特許にそれだけの価値があるのか、その製品化のためにさらなる投資をしてでも購入すべきか等シビアな判断が行われます。

特許、実用新案、意匠等の新たなアイデアを望む企業と、発明者とを繋ぐ「チザオク」というサイトがあります。特許を広く公開して譲渡やライセンスを希望する企業を見つけることができます。

【関連サイト】チザオク.COM

また、知的資産の投資会社であるOCEAN TOMOは、特許権をはじめとする知的資産オークションを行っているようです。

【関連サイト】OCEAN TOMO