shutterstock_230722511

ドメインが使えなくなる可能性

登録商標との関係

取得したドメインが既に商標登録されていて、同じ業界でビジネスを行っている場合には、商標権の侵害となる可能性があります。しかし、ドメインについては商標ではなく以下の不正競争防止法により保護されるという側面が強いため、商標権の侵害というよりも、仲裁センター等によってドメインが取り消されるということが多いです。

不正競争防止法による規制

不正競争防止法では、不正の利益を得る目的でドメインを使用した場合には、ドメインが使用できなくなり損害賠償を請求される可能性があります。

例えば、有名な会社と似たドメインを取得して、その会社名を利用して同じビジネスを展開する場合、ドメインを取得した後に商標権者に高額で転売する場合等が該当すると思われます。

ドメイン登録の留意点

ドメインを永く使用するために

ドメインは、早い者勝ちであるため、以前に同じドメインが登録されていなければ、ドメインを取得することができます。著名な会社名等と近い名称については、後に問題となる可能性があるため、避けるべきです。

商標登録されている文字列及び、他の会社を連想させるような文字列もやめておいたほうがいいでしょう。

自分が使用することに合理的な理由があるドメインが好ましいです。例えば、会社名の略称や有名な商品名であれば合理的な理由があるといえるでしょう。不正な目的を疑われても、合理的な理由であれば反論しやすくなります。

トラブルが起きた場合には

以下の機関にて、ドメインの紛争解決を行っています。例えば、他人が不正の目的でドメインを使用している場合には、仲裁を申し立てることができます。これにより、ドメイン名の取消、移転をすることができます。

不正競争防止法には、ドメインの移転に関する明文規定が無いため、裁判の訴えで移転を求めることは難しいと思われます。

【リンク】日本知的財産仲裁センター日本ネットワークインフォメーションセンター