コピー商品を販売するリスク

特許・実用新案権・意匠権の侵害 その商品が日本において特許権、実用新案権、又は意匠権を取得している場合には、権利侵害となります。その場合には、販売することが出来なくなるだけでなく、法律上定められた金額の損害賠償額を支払わ […]

意匠における液晶画面デザインの保護

保護対象となる液晶画面デザイン 画面デザインが、物品の形状、模様もしくは色彩又はこれらの結合と認められるものであって、物品の機能を果たすために必要な表示を行う画面である必要があります。 具体的には、PC、スマートフォン、 […]

特許・商標・意匠・著作権の違い

特許・商標・意匠・著作権の比較表 上記4つの権利は、以下の表に示すような違いがあります。不正競争防止法は、デッドコピーや有名な商品を保護することができます。 権利 保護対象 登録の有無 存続期間 登録までの期間・費用 特 […]