実用新案登録出願~小発明の保護~

shutterstock_201831613

実用新案権とは 特徴 実用新案は、出願から数か月で登録となります。形式的な審査は行いますが、その考案が既に存在するか等、考案の中身に関する審査は行いません。存続期間は出願日から10年であり、特許の半分です。 実用新案は、 […]

国内優先権の活用

watch

特許出願後に生まれた発明を保護 国内優先権 国内優先権制度によって、出願した後に生まれた発明を元の出願に追加することができます。原則的には、特許を出願した後は新たに発明を追加することはできませんが、国内優先権を活用するこ […]

審査請求のタイミング

shutterstock_113624410

審査請求の時期 早めの審査請求 出願と同時に審査請求することで、早く特許権を取得することができます。これにより、特許の存続期間をより長く確保することができます。ただし、出願と同時に審査請求をしても、審査結果を受取るのは約 […]

ビジネスモデル特許とは?

waterlight

ビジネスモデル特許 ビジネスモデル特許ってどんなもの? ビジネスモデル特許は、IT技術(パソコン等のバードウェア)を使用して実現する方法に対して発明を付与する制度です。つまり、ビジネスモデルそのものは特許になりません。 […]

特許の名義変更~出願後の譲渡~

shutterstock_189544340

特許の出願後、登録前の名義変更 出願人名義変更届 特許出願の出願人の名義変更は、「出願人名義変更届」の提出が必要です。特許出願後は、特許庁に上記書類を提出して初めて有効なものとなります。出願後は、特許庁からの通知が送られ […]

特許侵害の警告書が届いたらどうする?

shutterstock_273638315

警告書の内容確認 特許原簿の確認 まず、相手の権利がどのような内容かを確認するために、特許庁で原簿の確認を行います。原簿の確認は、特許庁に出向けば、庁内のPCで閲覧できます。 特許事務所に依頼することで、専用ソフトでオン […]

開放特許の活用法~中小企業の技術開発~

shutterstock_163790828

開放特許について 開放特許とは 開放特許とは、企業が自社で独占することなく一般に開放した特許のことです。大企業は、多数の特許を保有していますが、すべてを自社で実施しているわけではなく、休眠特許と呼ばれる使用していない特許 […]

「特許出願中、特許登録済」の表示の意味

patent-display

「特許登録済」の表示 特許権を取得した後は、特許法上以下のように定められています。○○○○○○○には、特許が登録された際に付与される特許番号を記載します。 物の発明の場合・・・特許第○○○○○○○号 物を生産する方法の場 […]

特許出願中に模倣品が出回った場合の対処法

2fb161415b4f51c8f09c0b6db700f4de_s

早期審査 早期審査制度を利用して早く特許にする 出願人が個人、中小企業、又は大学等であれば、早期審査制度を利用することができます。また、大企業の場合であっても、実際に販売する予定(販売済)の製品に関する特許であれば早期審 […]

特許を担保にした融資

538d24b7c77371bcecbe5b05da74f6c5_s

特許は担保になるのか 特許を担保とした融資は、不動産などの有形資産を持たないが、アイデアを元にしたビジネスを展開しており、複数の特許を所有するベンチャー企業にニーズがあります。 実績 古くは、1995年頃から日本政策投資 […]

他人に特許を取得させない方法

tax-468440_1280

他人が特許を出願する前 他人が特許を出願する前であれば、以下のような方法により、他人の特許取得を防止できます。 特許出願 他人に特許を取得させないためには、自分が先に特許を出願します。特許出願は、出願日から1年6カ月で公 […]

特許と実用新案の違い

shutterstock_194954891

特許と実用新案の違い 実用新案登録 特許出願 保護対象 物の形状・構造 物、方法、プログラム 権利期間 出願から10年 出願から20年 費用 安い 高い 実体審査 無い 有る 権利 弱い 強い 実用新案登録出願 実用新案 […]

特許出願しないという選択

shutterstock_258687637

特許出願しないメリット 技術が公開されない 特許出願を行うと、出願から1年6カ月後にその内容が公開されます。しかし、特許出願を行わないことにより技術が世に公開されることはありません。つまり、その技術を秘密として管理するこ […]